平塚市 引越し業者

平塚市で安い引越し業者の簡単な探し方

平塚市 引越し

平塚市 引越し

平塚市 引越し

平塚市 引越し

 

平塚市の引越し業者で検索すると10件ほどヒットします。
10件すべての引越し業者に見積もりを取れば、平塚市内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

しかし1社1社に電話したり、メールで見積もりを依頼するのは時間がかかって案外大変です。
だからといって見積もりの比較をしないまま引越し業者を選ぶというのも もったいない話です。

 

このすべての業者から見積もりを取るのは無理でも、せめて3〜4社からは見積もりを取って比較してくださいね。

 

そうすれば引越し業者に提示された見積もりが相場よりも安いのか高いのかすぐに判断することができます。
複数の引越し業者の見積もりが分かれば、相場を計算したり最安値の業者を見つけることができるのです。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

平塚市 引越し

 

こちらのサイトは365日・24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて見積もりを依頼する時間がない人にもオススメです。

 

引越しで運びたい荷物や持っている家財、新居物件の情報、必要なオプションの選択などを順番に入力するだけで、複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

これであなた自身の引越し料金の相場はもちろん、最安値の引越し業者を簡単に見つかるのです。
大手引越し業者から地元に密着した引越し業者まで、200社以上が参加しています。

 

サイトの利用料は無料ですので、ぜひご活用くださいね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。2つでも2分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しのときはすることが多いので、だいたいの手順を確認しておくと便利です。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出しておく。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続き。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をする。
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶に行く。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、など役所の手続き。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更を終わらせる。

 

することが多いですが、だいたいこのような感じになります。
少しずつこなして行きましょう。

 

 

引越しの繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しの距離や運ぶ荷物の量が同じであれば、引越し費用はいつ頼んでも同じ金額というものではありません。
引越しの繁忙期は通常期に比べると、引越し費用がかなり高額なります。

 

こんなシステムの料金設定は、他の業界ではあまりありませんね。

 

ちなみに引越し業界の繁忙期というのは3月〜4月上旬、つまり春休みです。

 

日本では受験が2〜3月に終わって新学期が4月から始まります。
ですから新大学生や新社会人は春休み中に引越しを行います。

 

これが全国で一斉に行われるのですから、この時期の引越し業者はどこも大忙しになります。
さらの同じ時期にサラリーマンの春の転勤も重なるため、最悪の場合引越し業者が見つからないなどという事も起こります。

 

引越し業者も繁忙期はスタッフを増員するなどして対応しますが昨今の人手不足は引越し業界も例外ではありません。
そのため人件費などが増えてしまい、そのぶん引越しも高くなるのです。費用

 

遠距離引越しにいたっては7ケタの請求が来ることが本当にあるそうです。
由々しき事態です。

 

そういう状況ですからもし可能であれば、繁忙期の引越しは避けましょう。

 

例えば先に必要な人だけが最小限の荷物で引越すとか、繁忙期が終わってから必要なものを送ってもらうとか、新居の近くで家具家電を調達するなどの工夫が必要です。

 

 

 

 

港区 引越し業者 津市 引越し業者 豊田市 引越し業者